«

»

6月 09

2015-16シーズン

 

 

こんにちは。

 

先月の上旬に2015−16シーズンの雪上活動が終了しました。

 

まずは、今季も多くの方に支えられ怪我もなく無事に終えることができました事を心より感謝致します。

 

ありがとうございました。

 

そして、いつも応援してくださる皆様、楽しみにしてくださる皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

今季を振り返るとここ近年の中では、まずまず良い内容、そして進展のあったシーズンであったと思っています。

 

活動の中で良かった点としては、

 

①海外でのトレーニングが充実していた事。環境の整備ができた事。

 

②目標に対して計画的に滑りを作っていけた事。

 

この2点が大きく改善できたと思います。

 

当たり前のようにできていないといけない事ですが、

 

近年は十分にできていなかった状況が続き、特に①の海外での環境作りにエネルギーを使ってしまい、本来の良い滑りを作くっていくことに集中できていなかったと思っています。

 

まだまだ、すべき事はありますが最低限はあるので徐々に良くしていきます。

 

国内のトレーニングは、たくさんの方に支えられ非常に充実した環境があり皆様には大変感謝しています👍

 

 

 

今季の大会結果については、下記のファイルにまとめてあります。

 

<2015-16シーズン大会結果>

 

今季の目標は「Far East Cup」での優勝によるワールドカップ個人枠の獲得と、回転の世界ランキング31位にすることでした。

 

滑りは昨年までと比べ滑りは大幅に良くなり、どちらもあと一歩のところまでいきましたが達成はできませんでした。

 

Far East Cupの総合争いは、韓国の同い年のJung Dong Hyun に後半に逆転され優勝を逃しました。

 

その中でも、今季のスタート時点では105位になっていた回転の世界ランキングを42位まで更新できたことは、来季に繋がる結果だったと思います。

 

また、大回転のトレーニングも、十分にできていたので順調に更新することができました。

 

こちらも、滑りの課題を克服し良くしていきたいと思います。

 

来季については、回転のランキング更新により良いポジションで戦うことができ大きなチャンスがあります。

 

まずは、全日本スキー連盟から出される、何らかの基準を突破してワールドカップに出場し、シード権獲得(世界ランキング30位以内)を目指していこうと思います。

 

※世界ランキング42位は、7月のFIS List 2016-17,1stで更新される予定です。

 

※追記:7月に更新された回転世界ランキングは、43位でした。

 

大越龍之介

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>